カテゴリ

2019年02月08日

千種区でスパン表セミナー

千種区の住宅金融公庫融資のビル5階で
住木センター主催のスパン表セミナーに参加しました。
木造軸組工法の横架材、基礎のスパンをひろう冊子が今年度改定され、5.6年前のより倍近く厚くなりました。
さらに載り切らないぶんの情報があり、CD付録になっています。
セミナーでは新旧変更点と
具体的な使い方の説明がありました。
受講者は構造の専門家ではなく
意匠設計者を対象としていています。
この梁の大きさ、どれだけ必要?ってときに
樹種と負担面積
意匠設計者でも拾うことができます。
慣れれば早いんでしょうけど、
慣れるまで時間がかかりそうです。
ちょこちょこ拾ってみます。
IMG_9729
2018年版の下に旧冊子(5.6年前のもの)
posted by sakakibara at 20:27| 愛知 ☀| Comment(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。